商品リストの効果的な使い方

この記事は1分で読めます

こんにちは、永嶌です
 

せどりの商品リストですが、どのように使っていますか?
 
商品情報を見て「ふーん」で終わる人は論外として
売れる商品として、リサーチ対象に入れるだけだともったいないです。

要は、「売れる商品リストを見てそこから考え方を派生させれるか」まで
派生させれるか?ということです。
  
その理由は売れた商品リストを見ているのはあなただけじゃないからです。   
だから、多くの人同じことをするのでたちまち飽和してしまいまうのです。
 
そうなったら価格競争になるか、それとも、
自分より安価の人が売れるのを待つかです。
 
まあ、待つのは自由ですが、資金を早く回転させたい気持ちが
強ければ強いほど、売れてないか確認するために
セラーセントラルの画面を何度も
見に行期待衝動に駆られませんか?
  
 
現在が
「需要>供給」
こうなっていたとしても
 
いずれは
「需要<供給」となるのは明白です

売りそびれたら、悲惨ですよ。
在庫になってしまいますからね。
 
そうならないためにどうするのか?
 
リストの商品そのものを仕入れるのではなく考え方を派生させるのです。
  
  
やや難易度が高いですが稼いでる人とそうでない人の差が
こういうところで出てきます。

こういう考え方を学ぶにはどうしたらいいか?
ということですが、

こちらの講座はかなり濃い情報で
学ぶべき点がとても多く、考え方を養うのにも非常にお勧めです


中古家電実践講座

   
   
   
   
   
講座は今はタイミングではないが、もっと詳しく知りたい人はこちら


  

お名前(必須)
メールアドレス(必須)



 
 
 
 

 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    ブログランキング

いつもありがとうございます


おきてがみ
クリックで
足あとを残せます

        プロフィール

●

こんにちは
当サイト管理人の永嶌です
せどりは空いた時間を使い
1ヶ月目で8万円の売上
翌月には30万円になり
その後90万円超えました

そんな私のプロフィールはこちらをどうぞ

副業せどり