せどりの外注化

この記事は2分で読めます

こんにちは、永嶌義弘です
 
 
今日はアルバイトさんの出品作業日でした。
 
 
 
通常出品代行を雇ったりする場合は求人先のを探したり、応募の電話対応、面接となり
業務内容、給料といった辺りを説明し双方納得いけば採用。
 
 
 
となるのですが、初期の頃は適性を見たり
信頼関係を築き上げたり、何かとやることが多いので大変です
 
 
 
私の場合は嫁さんの妹さんが働いてくれてるので
信頼関係など、元々あるので、築きあげる必要がない分気が楽です。
 
 
 
しかも、嫁さんが間に立ってくれるので妹さんが聞いて欲しい要望などを
しっかり汲み取ってくれているので非常に助かっています。
 
  
 
要望など伝えたいことは直接言いに来てくれたら
可能であれば受け入れたい。と思っていたとしても
アルバイトさんや、部下からはなかなか言いにくいものだというのは
私も飲食業で何人ものアルバイトさんの上の役職で10年以上働いていたので
多少そういった経験したことあります。
 
  
  
間に立ってくれる人間=パイプ役の人間。
決して目立つ役割ではないかもしれないですし、端から見たら、
損な役割かもしれません。でも、会社経営などで、ワンマン社長だけの会社より、
そのパイプ役の人間がいれば、従業員の士気ががらりと変わります。
 
 
話が脱線してしまいました。

  
 
話を戻つつまとめますと、
 
外注化は大事だけど、信頼関係は欠かせない。
家族や身内が担当してくれるのなら、心強い。
というお話です。
 
 
 
 
ちなみに、外注化(出品代行者)に興味ある人って
どれくらいいますか?

と言う質問を上記の質問はメルマガ内にてしました。

当然意図はあります。

ただ、その意図についてはここでは明かしません。
私の情報に価値を感じられているメルマガ読者さんにお話する予定です

そのメルマガはこちらから登録できます
             
    ↓                      
 

中古家電せどり実践記


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【先着限定プレゼントつき】せどり実践講座

出品代行Maximum無料利用キャンペーン

【期間限定】家電専門出品代行無料利用キャンペーン

出品代行Maximum無料利用キャンペーン

        プロフィール

●

こんにちは
当サイト管理人の永嶌です
せどりは空いた時間を使い
1ヶ月目で8万円の売上
翌月には30万円になり
その後90万円超えました

そんな私のプロフィールはこちらをどうぞ

    ブログランキング

いつもありがとうございます


おきてがみ
クリックで
足あとを残せます

副業せどり