AmazonせどりでFBA受領エラーになる意外な落とし穴その2

この記事は2分で読めます

こんばんは、永嶌です。
 

まず、その1はご覧になって頂けましたか?
   ↓
AmazonせどりでFBA受領エラーになる意外な落とし穴その1
 
 
今回は「1」の続きです。
 
 
FBAに到着した商品を、アマゾンの受け取り担当者からしてみたら、
納品時に使った箱が元箱(外箱)か、単に配送するためように使った箱か、
この違いはまれにわからず判断に迷うときがあるそうです。
 
  
例えば、プリンターのMP640をFBA納品するとして、MP990の箱を配送用の箱にしたとします。
 

納品ラベルは商品に、配送ラベルをMP990の箱にそれぞれ貼って、納品したとしたら、

元箱(外箱)に直接配送ラベルを間違えて貼ってきたのか、
ただの配送用の箱なのか、困惑してしまい、
開封して良いのかどうか判断に迷うそうです。

一般的に考えると、迷ったとしても、セラーに連絡するか、責任者の判断を仰ぐか?
どちらかになるでしょうけど、通常の工程から避けられ、イレギュラーとして扱われるでしょうから、
出品ページへの反映がその分遅れることになります。

どれくらい遅れるかはわかりませんが、数日から1週間程度かと思われます。

こっちにしてみたら、納品させたのに、中々反映されないとなると、
ヤキモキしますし、僅かな間ですが、相場が動く可能性だってあるわけです。

相場が上がればいいですが、仮に下がった場合

本来5,000円の利益を取れる所を4,000円になったらどうですか?

その分販売機会損失になるので、
遅れないように出来るのなら、そうしたいですよね!

そもそも、開封していいかどうかわからないので、
イレギュラー扱いされて、責任者の指示を仰ぐにしろ、
セラーのメールを送るにしろ、
アマゾンにも、手間取らせると迷惑になります。

ちょっとした工夫で回避できるのなら、越したことはありません。

非常に手間のかかることや、コストがかかるということだったら、
話は別ですが。。。

その工夫というのが今回のサムネイル画像のようなメモを
書いて配送用の箱に貼っておく。
 
ただそれだけです。
 
目立つように、黒マジックで直接配送箱に記載したりするのも問題無いかと思います。

たったそれだけ!?

って思うかもしれませんが、本当に知らない人、やっていない人結構多いようです。
特にスーパーやドラッグストアなどで、あまったダンボールをもらってきて、
FBA納品納品用に使っている人は意外と見落としがちです。

わざわざ書くのは面倒と思うかもしれませんが、
アマゾンという他所様の軒先を使わせていただいている以上
お互いがやりやすいように、気遣いを持つのも大事なことと思います。

 
参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    ブログランキング

いつもありがとうございます


おきてがみ
クリックで
足あとを残せます

        プロフィール

●

こんにちは
当サイト管理人の永嶌です
せどりは空いた時間を使い
1ヶ月目で8万円の売上
翌月には30万円になり
その後90万円超えました

そんな私のプロフィールはこちらをどうぞ

副業せどり