AmazonせどりでFBA受領エラーになる意外な落とし穴その1

この記事は1分で読めます

こんにちは、永嶌です。
 

実はAmazonには、隠された事実があります。
 
 
何かと言いますと、全部がそうとは言えませんが、
FBAに納品された商品は、アマゾンの担当者が配送ラベルを専用の機械で読み込んだ後、
丁寧に開封し、商品をコンベアに載せて流します。
 
 
この時に納品ラベルは上向きに統一されます。
 
 
 
こればなぜかと言いますと、特定のエリアに到達すると上から光を照射し、
納品ラベルをよみとるのです。
 
 
 
この時に、納品ラベルが剥がれないように、 
若しくは、汚れ、スレ、水濡れなどから保護するために、
ラベルの全面を透明テープなどで覆っていると、
照射したときに反射してしまい、正しく読み取れずエラーになってしまいます。

要は誤作動を起こすということですね。

すると、イレギュラーとして扱われ、横に避けられます。
その後は責任者に報告し、責任者が対応する。

といった流れでしょうか?

いずれにしろ、こちらにしてみたら、反映が遅れてしまうので、
機会損失につながります。

 
 
こまめに納品状態を見るタイプならともかくそうでない人なら、
納品エラーに気づかない可能性もあります。
 
 
納品エラーになった時、Amazonが常に知らせてくれるとは限りません。
 
それに、知らせてくれたとしても、結構日にちが経っていることもあります。
 
 
そう考えると自分で定期的にチェックしたほうがいいかもしれません。
 
 
ちなみに、
全てを覆わないといけないか?となるとそうでもなく、
今までの経験上、おおよそ高さが40cm以上の商品が誤反射になリやすいようです。
 
なので、反射エラーを回避する方法として、
バーコードの上は覆わず、周りの四方をセロテープなどで覆うのが確実でしょうね。

それか、テープで覆わず貼るだけにするか?

ご判断はお任せします。

 
 
参考にしてみて下さい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    ブログランキング

いつもありがとうございます


おきてがみ
クリックで
足あとを残せます

        プロフィール

●

こんにちは
当サイト管理人の永嶌です
せどりは空いた時間を使い
1ヶ月目で8万円の売上
翌月には30万円になり
その後90万円超えました

そんな私のプロフィールはこちらをどうぞ

副業せどり